前立腺がんの転移を予防する|再発防止に繋がります

ドクター

前立腺の疾患

聴診器

前立腺がんは50歳以上の男性に増えているがんです。このがんは進行が遅く、症状が出るまでに数十年かかることがあり、発見時には既に転移し、進行していることがあります。前立腺がんの治療は幅広く、手術、放射線、内分泌療法がさらに細分化され、ステージによりカスタマイズされた治療が行われます。

この記事を読む

初期症状はない

病室

食事の欧米化が要因

欧米に比べると、日本での前立腺がん患者は多くありませんでしたが、最近は増加傾向が顕著となっています。患者の多くは50歳以上ですので加齢によるものですが、肉やミルクという脂肪分の多い食物の摂取が要因と指摘されています。穀類や豆類は前立腺がんの発生を抑える働きがあります。前立腺がんは初期の段階では自覚症状がありませんので、症状が重くなって転移をする前に発見をすることが重要です。前立腺がんの検査は、PSA検査という血液検査を受診することによって簡単に診断することが出来ます。前立腺がんは遺伝の影響も指摘されていますので、親族に前立腺がんにかかった人がいたり、年齢が50歳になったら積極的にPSA検査を受診することが重要です。

治療方法を選択

前立腺がんの治療方法は症状によっていくつか異なる方法が取られています。前立腺がんは転移をしなければ直すことが可能となっていますので、いずれも転移を防ぐための治療となっております。がんが前立腺内にのみ存在する場合には外科的手術のよって患部を摘出することが一般的です。最近は腹腔鏡による手術が行えるようになっており患者の負担が軽減されています。骨への転移をしている場合には放射線治療を行います。放射線物質を照射してがんの細胞を殺す方法ですが、こうした治療は出来る施設が限定されているのがデメリットとなっています。放射線治療を受ける場合には、大きめの病院や都心部の病院を利用することとなるでしょう。

前立腺に発症する癌

手

食生活の欧米化や高齢化によって、近年日本でも発症者が増加している癌が「前立腺がん」です。特に50歳以上の高齢男性に多い癌であり、癌が進行すると骨やリンパ節に転移し重症化してしまうこともあります。トイレが近くなったり、尿の出が悪いと感じたら放置しておかずに、早期に内科、泌尿器科で検査を行いましょう。

この記事を読む

シニアになったら定期検診

カルテ

男性は高齢になるにつれて前立腺肥大から前立腺がんを発症する人が多くなっていきます。前立腺がんの検査は、血液を採取してPSAの数値を調べるというものです。定期的に泌尿器科などでこの検査を受けることが将来の転移を防ぐためのカギとなります。

この記事を読む